住職が毎月発行 禅源寺通信

No.07

やってみよう ともかく そこから何かが始まる

新年度が始まりました。いくつになっても新鮮な気分になり、ワクワクします。草木が色付き、差し込む日差しにも新しさを感じます。そんな大自然から元気をもらい、その元気が前向きな力に代わり、何にでもチャレンジできるような気がします。学生時代にはわからなかった時間の大切さが少しずつ分かってきたこの年だからこそ、この春からは何か新しいことにチャレンジしてみようと思っています。
皆さんも何か新しいことにチャレンジしてみてはいかがでしょう。大きな事でなくてもよいのです。たとえば、毎朝、お抹茶を一福味わう、とか、お昼休みにラジオ体操をするとか、入浴後にはその日にあったことを静かに思い出してみる、とか…。そんなことを続けていけば、昨日までとは違う自分が発見できるかもしれませんよ。私は、東京オリンピックに向けて、英会話の習得にチャレンジしてみます。