住職が毎月発行 禅源寺通信

No.01

お線香は何本たてますか?

「お線香は何本立ててお参りするのが正しいのですか?」と、聞かれることがあります。いろいろな説や教えがあり、どれが正解かわかりません。私が日頃実践しているのは、線香を三本立てることです。一本は、私をお守りいただいているご本尊様のために。二本目は私をこの世に導いてくださったご先祖さまのために。三本目は自分自身の心身を清めるため、また、その薫りによって癒しとリラックスを得るため。これらの理由で三本のお線香を立てて毎朝お参りしています。
最近、お線香の香りもいろいろ増えてきました。「バラの香り」「ラベンダーの香り」「コーヒーの香り」など化学的に匂いを合成しているものもたくさんあります。私もいろいろな香りを楽しみましたが、やはり古くからある「白檀(びゃくだん)」「沈香(じんこう)」「伽羅(きゃら)」などの天然木のものが良いように思います。私は沈香の入ったものが好きです。朝、沈香の線香を立て、香りの力で身も心もリフレッシュすれば、その日一日が充実したものになることでしょう。ぜひ実践してみてください。ただし、四十九日までは道に迷わないように、とのことで、線香は一本にします。ご注意を。